映画カメラマン(撮影監督)になるには【映画関係の仕事とその就職方法】

シネマワーカー〜映画について研究するサイト〜
来訪、ありがとうございます。
当サイトはリンクフリーです。
サイト内で使われている映画の「キーワード(職業・言葉・情報)」をチェック!

Home
このサイトについて
  サイトマップ
映画の仕組みとは?
  映画製作について
  映画配給について
  映画興行について
職業別「○○になるには?」
  映画監督
  映画俳優・役者
  脚本家・シナリオライター
  映画カメラマン・撮影監督
  照明技師・照明スタッフ
  美術監督・美術スタッフ
  映画スクリプター・記録
  編集技師・編集スタッフ
  映画配給会社に就職するには?
  映画翻訳家・字幕翻訳家
  その他の職業
映画業界に就職するには?
  映画界で就職・成功する秘訣
  ネットで探る映画の仕事情報
  映画に関する疑問・質問FAQ
映画関連リンク集
管理人の雑感日記
掲示板:みんなの映画フォーラム
映画に関するアンケート
シネマワーカーへのメール

映画・映像業界就職ガイド 07
映画・映像業界で働きたい人はまずはこの1冊から! 毎年好評の就職ガイドシリーズ最新刊。

映画プロデューサーの基礎知識
これだけは知っておきたい、プロの映画人が教える映画作りのための知識とノウハウのすべて。映画プロデューサーをめざす人や映画産業に進出しようとする異業種の人にとって、映画ビジネスの一通りを理解する格好の入門書。

映像プロフェッショナル入門
映画・テレビクリエーターのために
映像業界のクリエーターを目指す人必携!基本的な映像理論の解説から機材の操作、演出、シナリオ、音響、美術、編集、そして最新の特殊効果まで、本当に必要な映像知識・技術テキスト。

映画監督になる15の方法
映画監督になりたい。でもどうすればいいのか分からない。どうすれば映画監督になれるか、日本映画界で活躍する監督15人に聞く。

一人でもできる映画の撮り方 
撮影テクニックからパソコン編集、アニメ製作、公開方法まで、単独走破の映画製作、その全行程を徹底解説した完全マニュアル。

巨匠たちの映画術
映画監督には「巨匠」と呼ばれる映像作家がいて、自分が作り上げた映像文体をかたくなに守り続けている。彼らは何を表現しようと思い、どのような方法を取ったのか。16人の巨匠から映像作りの基本を学ぶ。

図解映像編集の秘訣
特撮・時代劇・ドキュメンタリーなど素材別の編集の基本から、場面転換の効果、ダイアローグや音の編集まで、映像に生気をあたえる編集の具体的なテクニック、ノウハウを詳細解説。

映画カメラマン(撮影監督)という仕事とその就職方法
【撮影監督・映画カメラマンになるには?】
「映画カメラマン」と聞くと監督の意見を聞いて、ただ映像を撮っているだけと思う人もいるかもしれませんが、実際は撮影監督とも呼ばれる、撮影におけるそれはそれは重要な役割を持った職業です。

映画監督が映画作品全体の責任者なら、映画カメラマン(撮影監督)は映画の「映像(画)」の責任者とも言えます。「映像(画)」の責任者、映画カメラマン(撮影監督)とは一体どんな職業なのでしょうか?

※「camera man」キャメラマンとカメラマン
映画の制作現場ではスチールなど映画カメラマン以外にもカメラを持つ職業(カメラマン)がいます。そういった仕事と混同しないように、現場では動画を撮る人をキャメラマン、静止画を撮る人をカメラマン、と呼び名を区別する場合もあるのだそうです。
確かに言われてみれば、どちらもカメラマンだからややこしいのかも…。

■ 映画キャメラマン(撮影監督)の仕事とは?
キャメラマン(撮影監督)は脚本のイメージを具体的にフィルムに映像化する仕事です。ですからその仕事内容はカメラ・レンズ・フィルムの選択に始まり、ポジションやアングル、構図、カット割、カメラワーク、光の強弱や色彩調整、美術・照明など他スタッフとの打ち合わせなど実に様々です。

キャメラマン(撮影監督)はそういった選択を監督と話し合って決定します。監督が脚本にどのようなイメージを持っていて、どのような映像を求めているのか。そしてそれを映像化するにはどうすればいいのか、それを理解し支えるのがキャメラマン(撮影監督)の仕事です。そういった信頼関係からか、キャメラマンは時に「監督の女房」などと呼ばれることもあります。(女房だけに喧嘩とかもあるらしい・・・^^;)

※キャメラマン(撮影監督)に関する注意
撮影監督の仕事内容は、日本と海外では異なる場合があります。特にアメリカでは撮影監督(Director of Photography 通称「DP」)という仕事があるものの、日本とは仕事の内容が異なるようです。

アメリカでは制作上のシステムの違いから、照明も撮影監督が担当します。(アメリカでは日本のような照明部自体がありません)また、日本のキャメラマンのように撮影監督が直接ファインダーを覗いてカメラを操作したりもしないようです。(オペレーターという仕事がそれを担当するそうです)

このように、日本と海外ではシステム・仕事内容が異なる場合がありますので国内外での就職を考えている人は十分に注意しましょう。

■ 映画キャメラマン(撮影監督)になるには?
キャメラマン(撮影監督)は映像化に直接携わる映像の専門家ともいえる職業です。そんな職業ですから、当然それなりの知識や技術、経験などが要求されます。そのため、キャメラマン(撮影監督)を目指す場合は、まずそういった知識や技術を学ぶことが最初のステップとなりそうです。

最近では、映像系の学校を経てキャメラマン(撮影監督)を目指す人が多いようですが、他にも撮影機材の関連会社等で知識や技術を学んだり、いきなり現場に飛び込んで見習から仕事を覚えていくなど、知識や技術を身につける方法はいくつかあるようです。

とはいえ、素人を1から教育してくれるようなやさしい環境はあまりないようなので、やはり映像系の学校に行くのがカメラマンへの無難な道といえそうです。(現役のキャメラマンに弟子入りしたり、制作会社等への飛び込みはそれなりの覚悟が必要?)

特に、映像系の学校で得られる人脈(講師や先輩など)は撮影現場への大きな足がかりになる可能性もあるので、そういったコネを得る意味でも映像系の学校という進路はけっこう大きいかもしれません。

映画キャメラマン(撮影監督)への代表的な道のり
スタート
                                         
あの手この手の人脈(コネ)現場のスタッフへ師事
飛び込み
(弟子入り)
機材関連会社映像製作会社プロダクション
機材関連会社
映像制作会社
(映画・CM・テレビ番組)
撮影について学べる大学や専門学校
映像系学校
(大学・専門学校等)

(コネ)
人脈(コネ)
                                      
撮影助手・見習い
映画キャメラマン・撮影監督!
ちなみにキャメラマン(撮影監督)には助手制度(撮影アシスタント)があり、その助手を経てからキャメラマンになる人が多いようです。撮影助手はキャメラマン(撮影監督)になる修行を積む期間ともいえます。

撮影助手制度(撮影アシスタント)
キャメラマン
(撮影監督)
監督と相談してどんな映像にするかを決める。映像化するためいろいろなスタッフ(照明・美術・演出など)をまとめる。
チーフ 露出(明るさ)計測や照明とのライティング調整を担当したりするキャメラマンに一番近い助手。
セカンド チーフの次。フォーカス(被写体との距離計測、ピントを合わせる)を担当するほか、レンズやフィルターなど機材の管理などが仕事。
サード キャメラマンから一番遠い助手。三脚やカメラ、フィルムなど機材の運搬や管理、清掃、チェックなどが主な仕事。
※注意・・・あくまで参考です。仕事内容は映画の内容・予算・機材・会社等によって異なります。

■ 映画キャメラマン(撮影監督)になるために まとめ
やはり専門的な知識や技術が求められる仕事だけあって、その間口はかなり狭いようです。また、映像系の学校を卒業してもそう簡単に就職できない現状(需要が少ないこと)などを考えると、やはり最後は人脈(コネ)が仕事に就くうえでの大きなポイントになりそうです。とにかく、

人脈(コネ)を築き、活用すること。
そして、現場でしっかり知識と技術を学び、経験を積むこと。


これがキャメラマン(撮影監督)になるためのポイントになりそうです。


「キャメラマン」で売れている本は?
「撮影監督」で売れている本は?





上へ戻る


メニューに戻る




映画業界就職に
役立つ本はコレ!

Copyright (C) シネマワーカー(cinemaworker). All Rights Reserved.